ミニコミ誌【W0B0R0】
W0B0R0は現在6号まで発行しております
どの号も在庫あります(2016年12月11日)
  1. 16/12/11
     10店舗にて委託販売しております。詳しくは下記「販売店」をご覧下さい。
目次
W0B0R06号



拾い物コラム「世界は拾い」

福永信さんにメールで「今日はこれを拾って…」と自慢したら「世界は拾い」と返してくれたので決めたコーナー名です。

特集「墓と盆」

◎清明祭
◎長崎の墓参り
◎精霊船

パズル「イラスト迷図」 *W・C・ニコリ


エッセイ「小さく納得いきません」 *松田青子

見よ、松田青子の憤り。

日記「福永信の送信日記」 *福永信

新連載! やっと本編にご登場していただきました。

映画評「ツタヤ100円映画評」 *鈴木収春

余談の長さとわけのわからなさが、らしい。

三文エッセイ「泣いて 笑って 怒って 食べる」 *渡邉佳純

「感情的」と言われることの多い人間らしいタイトルだと思っています。

人生案内「しま姉に訊け!」 *門倉紫麻

とある計画が終わって、仕事で会えなくなるのがいやだ! と思った渡邉が企画を練り上げて打診しました。
親身で的確、人生を指南されたい若人必見。鶴谷香央理さんによるキャッツ似イラストも大必見。

短文「名前を付けて保存する」 *中村さやか

編集渡邉が「もっとテキストを読みたい」という気持ちからお願いしました。

追悼コラム「死んでから読め!!」 *ブルボン小林

追悼は作品を鑑賞してするもんだ。

街案内「tan-ken! hack-ken! ぼくのまち」 *那覇 牧志・壺屋・松尾

おもしろ地図をひろげよう!

料理「20人前クッキング」


「はみだし有とぴあ」 *長嶋有

あの「ぴあ」も最初はミニコミからのスタートだったそうで、駄洒落ですがオマージュになればいいと思いこのコーナーを作りました。

topへ

執筆陣
福永信

小説家。
会話中の不思議な飛躍が心地よく、福永さんにはついつい自分の話ばかりしてしまう。
いつもおもしろいひと達と引き合わせてくれます。
著書に「星座から見た地球」(新潮社)、「一一一一一」(河出書房新社)、「三姉妹とその友達」(講談社) など



松田青子

小説家。
会うと二人並んで憤ってばかりいる。彼女の「なんでなん?」を聞くのは楽しいです。
編集渡邉とは79年会仲間。
著書に「おばちゃんたちのいるところ」(中央公論新社)、「なんでそんなことするの?」(画・ひろせべに/福音館書店)など

松田青子 twitter



鈴木収春

編集者/出版エージェント。
彼の理屈で話を聞くと、世界が歪んで見えます。次の日になるときれいに忘れてしまうのも流石。
編集渡邉とは79年会仲間。
担当書にドミニック・ローホー「シンプルリスト」、菅野のな「子どもと食べたい時短おやつ」、須藤元気「今日が残りの人生最初の日」(すべて講談社)など

クラウドブックス株式会社



ブルボン小林

コラムニスト。
独自の切り口で漫画やゲームを評するコラムは門外漢にもわかりやすくおもしろい。
ボンコバ邸で解説付きでゲームを始めるとしばしば朝までコースです。
著書に「マンガホニャララ ロワイヤル」(文藝春秋刊)「ゲームホニャララ」(エンターブレイン刊)など多数

ブルボン小林公式サイト



門倉紫麻

マンガ関係の記事を得意とするライター。対象への、的確かつ愛あふれる眼差しはジャンルを問わない。
編集渡邉とは世田谷キャッツアイの長女(門倉)と三女(渡邉)。
著書に「マンガ脳の鍛えかた」(集英社・愛蔵版コミックス)、「We are 宇宙兄弟 宇宙を舞台に活躍する人たち」「We are 宇宙兄弟 宇宙飛行士の底力」 (講談社プラスアルファ新書)

マンガライター門倉紫麻のブログ



中村さやか

俳句を評する際の言葉に「(季語が)動かない」というのがあるが、中村さやかの言葉はどれも「動かない」という気がする。
今なにを考えているのか、がいちばん知りたい友人。
著書に「彼女の傍点」「彼女のポーズ」(ともに私家版)

彼女の傍点



長嶋有

芥川賞作家で大江賞作家で谷崎賞作家。
日常のモーロクぶりもテキストに変換させればあら不思議! おもしろ世界に早変わり!
小説もコラムもエッセイも俳句も、テキストとあらばぜんぶおもしろく、コミpo!にtwitterにUSTREAMまで新しいツールも軽々と取り入れて開拓し続ける唯一無二。
著書に「愛のようだ」(リトルモア)、「三の隣は五号室」(中央公論新社)、「フキンシンちゃん」(マッグガーデン)など多数

長嶋有公式サイト

topへ

販売
1003(兵庫/神戸)new! *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

とほん(奈良/郡山)new! *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

ジュンク堂書店池袋本店一階(東京/池袋) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

ジュンク堂書店福岡店一階/二階(福岡/天神) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

Title(東京/荻窪) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

タコシェ(東京/中野) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

B&B(東京/下北沢) *6号取扱中

恵文社一乗寺店(京都/一乗寺) *6号取扱中

ホホホ座(京都/浄土寺) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

言事堂(沖縄/那覇) *1号,2号,3号,4号,5号,6号取扱中

麦小舎(群馬/北軽井沢) *4号,5号取扱中 

枡野書店(東京/南阿佐ヶ谷) *1号,2号,3号,6号取扱中

topへ

バックナンバー
W0B0R05号 22P(2015年5月4日) ¥500
特集《オール漬物塩と時間と発酵》
◎世界の漬物
◎漬物メモ
◎漬物の道具
◎オール干物
新連載〈漫画 もーちゃん(第一回)〉
連載〈世界は拾い(第五回)〉
  〈イラスト迷図〉
  〈小さく納得いきません(第三回)〉
  〈ツタヤ100円映画評(第三回)〉
  〈泣いて 笑って 怒って 食べる(第五回)〉
  〈しま姉に訊け!(第五回)〉
  〈名前を付けて保存する(第五回)〉
  〈死んでから読め!!(第三回)〉
  〈ぼくのまち(名古屋)〉
  〈20人前クッキング(VOL.9)〉
  〈はみだし有とぴあ(第五回)〉


W0B0R04号 22P(2014年5月5日) ¥500
特集《愛しの車》
◎みんなの車
◎プチコラム 車で行きたいこんなとこ
連載〈世界は拾い(第四回)〉
  〈イラスト迷図〉
  〈小さく納得いきません(第二回)〉
  〈ツタヤ100円映画評(第二回)〉
  〈泣いて 笑って 怒って 食べる(第四回)〉
  〈しま姉に訊け!(第四回)〉
  〈名前を付けて保存する(第四回)〉
  〈死んでから読め!!(第二回)〉
  〈ぼくのまち(名古屋)〉
  〈20人前クッキング(VOL.8)〉
  〈はみだし有とぴあ(第四回)〉


W0B0R03号 22P(2013年9月25日) ¥500
特集《鯨》
◎鯨の解体を見に行く
◎平成鯨肉調味方
◎本で読む鯨(文・フジモトマサル)
小特集〈四角い布一枚〉
新連載〈小さく納得いきません(第一回)〉
   〈イラスト迷図〉
   〈ツタヤ100円映画評(第一回)〉
   〈死んでから読め!!(第一回)〉
連載〈世界は拾い(第三回)〉
  〈泣いて 笑って 怒って 食べる(第三回)〉
  〈しま姉に訊け!(第三回)〉
  〈名前を付けて保存する(第三回)〉
  〈ぼくのまち(阿佐ヶ谷)〉
  〈20人前クッキング(VOL.7)〉
  〈はみだし有とぴあ(第三回)〉


W0B0R02号 14P(2012年11月18日) ¥300
特集《たのしい盆踊り》
連載〈世界は拾い(第二回)〉
  〈泣いて 笑って 怒って 食べる(第二回)〉
  〈しま姉に訊け!(第二回)〉
  〈名前を付けて保存する(第二回)〉
  〈ぼくのまち(ブリュッセル)〉
  〈20人前クッキング(VOL.6)〉
  〈はみだし有とぴあ(第二回)〉
特別寄稿「落ちぶれちゃん」(手嶋崖元)


W0B0R01号 14P(2012年7月20日) ¥300
特集《日本全国銘菓名鑑》
連載〈世界は拾い(第一回)〉
  〈泣いて 笑って 怒って 食べる(第一回)〉
  〈しま姉に訊け!(第一回)〉
  〈名前を付けて保存する(第一回)〉
  〈ぼくのまち(三軒茶屋)〉
  〈20人前クッキング(VOL.5)〉
  〈はみだし有とぴあ(第一回)〉

感想
ご意見、ご感想、叱咤激励などいただけますとたいへん嬉しいです。こちらからお願いします。